停滞の理由925silver

19.03.05

ブリッジは、レンズとレンズを繋いでこそ、それこそ金属の線からブリッジへと昇華します。忘れていました。

それでその出来た物を、どの高さに取り付けるべきなのか…。そういう問題が生まれますよね。難しすぎる。考えられる範囲の幅はレンズの天地分、とりあえず刻みは1ミリピッチというのはやや言い過ぎにしても、それなりの設置可能性が見え始めます。サンプルを作る予算も工場の空きも無いので、決め切らないといけません。お腹痛い。

メガネにしても何にしても、専門のデザイナーというのは怪物ですね。素人は、ブリッジ1つの設置箇所で昨晩から悩んだ訳ですから、ありとあらゆる箇所の造詣を気にし出したら、私ならキーって人格が崩壊しそうです。

定義に戻りまして、私が出来ることは、眼鏡士として光学的な要素の付加とか決定ですから、そのようにしました。フレームとしての美しさではなく、メガネとしての美しさであって、レンズを入れて掛けた姿と不可分です。それはコレクターの観点からのデザインでは到達し難いと思うからです。物が好きな私としては、非常に苦しい選択でした。

_170831bk

pageTopLink