テレビvintage

19.04.05

物心ついたときから、テレビがぺったんこになっていて、記憶上テレビとは画面が平らである、そういった物しか知らないとなると、何歳以下なんでしょうね。そういえば。

テレビジョンフレーム、テレビカット等々、この手のフレームに対して説明がされますしブルバキでもしてきましたが、気が付くと、それがおじさんの始まりでした。そうそう、もうすぐ令和が始まる今日この頃です。補足をしておきますと、テレビに奥行きがあって、上面のスペースにリモコンを置いたり好きな人形を置いたり、程よい便利スペースがあった時代があります。そして画面は曲面でした。

フランスのヴィンテージです。製造国もそうですが、蝶番のパーツと刺さっているネジがO.G.のズークと一緒っぽいので、造りまで遡ると近い関係のかもしれません。ブリッジの処理もかなり似ています。

違う箇所といえば、生地の貼り合わせによる表現でしょう。クリアをベースに、ビロードみたいな茶色をはっています。テレビフレームはサングラスにしますと、かなりモードかエレガントな雰囲気を帯びますが、これは一層その傾向が強いです。非常に堪らない。これさえあれば、サングラスなのにチャラい感じにならず、尚且つ、夏暑くてだだくさな服でも、ある程度キッチリした印象を与えられそうです。だだくさは、名古屋弁でした。雑で適当な感じに仕上げることを指します。

珍しく、裏にも生地を貼っています。表から見ますと、茶色、クリア、茶色の生地の裏がシルバーの光沢になっているのでその光沢面が所々のぞきます。綺麗さ軽さ宇宙っぽさがバランスよく混ざり合っているのが見て取れます。

只者なのに、このサングラスを掛けて只者では無い感をプンプンさせて、今年も催されるトリエンナーレの会場をくるくる回りたい気分です。

_170831bk

pageTopLink