民藝展zakki

18.02.28

行きました。高島屋に巡回で来ているやつです。5日まで。

民藝に関しては、その定義がすでに矛盾を生じやすい性質ですし、見るたびに考えさせられます。矛盾を孕んでいない物は、そもそもそんなに面白くなかったりしますから、その定義が健康的であることは、間違いないと思っています。

民藝の中でも最高クラスという表現が、そもそもの定義から逸れる表現だとは思います。何とも言いようがなくて困っています。いい表現が見つからないのでそのままにしますが、そのようなマックスな物が見られます。そっちは有料で、今作られている物の販売スペースは無料です。

最高クラス民藝ですが、確かに綺麗でした。本当に実用されていたのかなと思うくらい、精緻で美しかったです。そしてすぐさま、本当に美術と反りが合わないものなのか?とも考えました。

数学と世界との関係に似ています。人間の経験から離れ、純粋な思考の産物としての数学が、世界の美しさを否定していないところがそっくりです。理論の美しさが現実に引き戻せる場合も多々ですしね。実際目の当たりにしたことで、ようやく分かりました。

次の楽しみは、17日から行われる科学館のマーベル展です。

_170831bk

pageTopLink